読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

故人が大切にしていたもの 遺族にはゴミ

故人がこだわりを持って集めたモノや大切にしていたモノには遺品整理をしていると

つくづく感じることがある。故人はこんなことにこだわりを持って過ごしていたんだ。

収入が少ないと責められたけど、着物教室に通って3年、ゆうに総計500万程度の

一度だけ袖を通した着物の数数十着、それに帯や小物、俺はあんなに働いていたのに

優雅に、チョットレベルの高いマダム達と趣味のことに没頭してたんだ。

 

次は七宝焼き 大きな電気高炉が2基 釉薬や塗料、七宝材料4畳半が道具や材料、出来上がり作品でいっぱい。それに作品集や教材、教本の数々。

 

海外旅行の記念品、アルバム

 

良かったねと声をかけてやりたい気持ちと、あんなに苦労してこちらは毎日働いていたのに、おまえはこんなに遊んでいたのかの思いもある。なんとケチな男か。

 

どちらにしてもどんどん捨てるしかない。今朝もビニール袋40袋定期ゴミ回収車の月曜日、収集車の人からクレームがでそう。

 

月木金のゴミ回収日に合わせ、セッセとゴミをまとめるしかない。

それにしてもわが女房殿はかわいかったなぁ~。捨てようと思ったアルバムなんか見ているとこれも置いておきたいこれも持っておきたいと切りがない。

 

 

アイターンには「田舎暮らしの本」が役に立つ

ふるさと納税をはじめ田舎暮らしと田舎を応援する政策が次から次へとでてくる。

 田舎暮らしと都会暮らしを比べると青年期、壮年期はやはり都会で活躍し、定年後、田舎暮らしにシフトするのが一般的だ。

 

 都会の近郊地には老人ホームや特養ホーム、介護センターがやたら目につくが健康に自信がなくなってから、養護老人ホームに行くのでなく、老人ホームに行く前に、自活出来るうちに田舎暮らしをはじめると、少なくとも10年は老人ホームに行くタイミングを遅らせることが出来る。

 

 自給自足の生活をするとボケは確実に少なくなる。何事も上げ膳、据え膳で人任せでも生活できるようになると老齢ではボケが始まる。

 

 茨城県大洋村でのある施設では鶏の放し飼いをしてその世話を知恵遅れの子供たちだけでやったいた。少し不安に思った牧場主はボケの始まりだした、母親とその仲間に

子供たちの面倒を見てほしいと役割をお願いしたところ、母親とその仲間のボケは完全に正常に戻って、今までよりも溌剌と役割をこなしている。

移植が難しい樹木

プロの植木屋さんいわく、素人がいきなり移植しても100%失敗する庭木は

1.根の浅い地表すれすれに這っている根の木(白樺の木)

2.剪定をきらう木(桜)

3.根が太くてまばらな木(沈丁花

だから、プロの植木屋さんでも移植しても「枯れ保障」はしてくれない。

それに素人は夏場、うっそうと茂った庭木が気になり、剪定や移植を思い立つが剪定は

許せるが、移植を夏場にやるのはご法度です。

 

移植の最適季節は春先の新芽の吹き出す前が最適シーズンです。

移植の際の根の掘り方で注意する点は幹の根本の外周の長さを半径にして掘り返して

行くと丁度いい大きさの根を残すことが出来ます。

 

 植え穴は堀おこした穴の1.5倍ほどのひろさで、深さも掘り起こした穴の1.2倍の深さで準備して、水はバケツ5杯分十分根元にかけておくこと。

 支柱もしっかりと丈夫な支柱で木姿が崩れないように注意する。

 

 

増え過ぎた庭木 移植 造園業者買い取り

 住宅を購入した時からある立派な庭木、毎年10万円の出費で造園業者に剪定依頼をする。それに自分で気に入って園芸センターから買ってきたものもある。友達の庭から挿し木で貰ってきたものもある。さらに、小鳥が運んできた種が自生した木もある。

 

 1年でここまで成長するかと思うほど、上を見上げると青空の面積より木々のより合った枝葉の方が面積が広い。木々の根本の草花は日照不足もおこる。

 しかたなく、思い切りよく、密集している松の木、ミカンの木、枇杷の木を伐採。

去年は梅の木を剪定しすぎて、今年は梅の実の収穫はゼロ。去年10月に業者に剪定してもらったが、3月になっても花が咲かず、若葉もよその梅より遅れること30日ぐらい後に若葉が芽吹きだした。梅が実をつける頃に若葉が一斉に芽吹きだした。

「桜切るバカ、梅切らぬバカ」と言われているのに、切りすぎもよくないのだと分かった。今年は切り過ぎを押さえて、来年しっかり実をつけるように剪定しよう。

 

 伐採、剪定の気持ちいいのは、人間の髪の毛と同じで、手入れせず伸ばし放題は他人の庭を見てもどうもいただけない。何とダラシナイ住人なんだろうと思ってしまう。

 

 それに昔からある立派な松やモチノキに金木犀、誰かいらないかな~と持ちかけたがみんなに敬遠される。それに植木屋さんすらもこんなに込み合っている庭木の移植はまず不可能とのこと。

 長年、庭に植えっ放しなっている樹木は根系がまばらで、どこにどう伸びているかわかりません。幹からきれいに放射線状に円型に根が広がっているなんてありえないことです。近くの木の根と根が絡み合っています。

 そんな状態の根のまま、移植なんてやっても100%枯れてしまいます。

時間に1年間の猶予があれば、春に根回ししておくと、秋、または翌春には移植が可能です。どちらにしても、庭木は購入する時は相当の金額を植木屋さんに払ったのに、それを処分する時にもお金がかかるものだから、庭木も結構贅沢な趣味だ。

 

 

 

モノを持たない生活の快適さ

大掃除や引越は手持ちのモノが確認できるいいチャンスです。

そんなに大がかりでなくても、1週間に一度身の回りの不用品の整理をするだけで

日々の快適な生活がやってきます。

 

 あれも欲しいこれも欲しいと思いながら手に入れてしまうとほったらかしになっているモノの多いこと。

 

 旅行先でチョット記念にと買った置物や小物は完全に無用の品、にも拘らず買ってしまう。思い出はモノでなく、情報でとっておこう。

 飲酒習慣のないにもかかわらず、出かけた先の銘酒をつい買ってしまって、来客のあった時にと、車で来られる人にお酒はすすめられない。

 雑誌、単行本もその時は興味があったのに、買ってきて再度読む時間もなく、本棚に

場所を占拠したまま。

 ほとんど読み返す機会のない、手紙、はがきの保管箱。

 何時か着るだろうととっておいた衣服。

 一回使ったでけで、とっておいた特殊な調味料。

 もらい物の缶詰。

 そんなに料理もしない、来客も多くないのに、信じられない数の食器。

 

 そんな品を何度整理しても、押し入れや物置にやっぱり残しておこうと積み込んでしまう。第一次整理で思い切って捨ててしまおうと決めたモノはいいが、時間のある時に

じっくり整理しようと、仮片づけしたモノがそのまま残ってしまう。

 

 いい加減にケジメをつけたいと思いながら、今回もまた、たくさんの不用品を

とり置くことになってしまった。

 

 正月休み、ゴールデンウィーク、お盆休み この3つの長期休暇を整理日に各1日みっちり確保して生活していれば、もっと快適生活が出来たろうに。

 

 

正規の流通ルートは崩壊するのか

パソコン操作の苦手な街の電気屋さんによく頼まれることがある。

 

いまだに、普通の電気屋さんはパナソニック系、三菱電機系、東芝系、日立系

と自店の得意するメーカーが決まっているらしい。

 

というのも年間仕入額によるリベート(販売奨励金)料率が累進リベートに

なっており、取扱い金額が少ないと微々たる奨励金になります。

そこで、自店の主力メーカーを決めて、少しでも多い奨励金の獲得に励みます。

 

ただし、年間5億円以上の仕入高のリベートを減額しても価格コムや楽天、ヤフー

アマゾンのユーザー販売価格の方が安い現象が起きています。

 

安売りの大型店舗も店頭販売とは別に、特別大量仕入れした商品はネット販売で

店頭価格より安くしている例もあります。

 

そんなことで1件手数料、1000円をもらって、電気屋さんの仕入代行を

やっている。おいしいのは1000円の手数料より、各ポータルサイトでついてくる

ポイントとサイト運営業者がつけているポイントが二重にたまり、1年もすると

相当の電気製品がそのポイントだけで購入できます。

 

調達代行は縁とはいえありがたいお手伝いです。

IDとパスワードの管理

IDとパスワードの管理を安全に簡潔に

IDとパスワード管理は悩ましい、厄介な問題です。

いい加減なIDとパスワード管理で甚大な損害にあうことも
あります。

いい加減なIDとパスワード管理とは
①IDとパスワードの使い回し
②セキュリティーレベルの低い文字数の少ないIDとパスワード
③容易に連想できる誕生日、電話番号、住所番地、車輛番号等
④1年以上も変更していないIDとパスワード 等々です

そこで、こんなにユーザーが厄介だと思っているのにハード、
ソフトともに、開発者が黙って見ているはずがないと思い調べて
みました。


IDとパスワードの管理に安全に手間なく活用できるアプリケーション
は代表的なものに「ID Manager」と「interのTrue key」がありました。


「ID Manager」は Vectorで優秀ソフトと評価され多くの人に
使われているそうです。不便さが解消できるなら使ってみようと
ダウンロードしても、結構な手順で、不理解のまま。

「interのTrue key」は信頼できるIntelのアプリでIDとパスワードを
スターパスワードで一元管理出来るだけでなく、顔認証や指紋認証
で本人が操作すれば、登録されているサイトの全てに一発でアクセス
出来る。

それに、対応プラットホームも Windows,Mac,iOs,Androidと今一般に
使われている端末にには必ず搭載されている。

さらに、対応ブラウザもIE,GoogleChrome,Firefoxとこれまた、誰もが
一般的に使っているブラウザだ。

というわけでこれもインストールして、さて使ってみようと試みるも
チュートリアルも準備されているが、英語版でもう一つ理解できない。

 

そこで、やっぱり、電話帳住所録にサイト名、ID、パスワードを記入して
管理することにした。

何のことはない、IT能力の欠乏している人はこれが一番間違いない。
まぁ、この電話帳だけは大切に管理保存して事故の起こらないように
注意しよう。